2010年12月23日

Penumbraプレイ日記(1) 〜俺の親父は何をした〜

01.jpg

『Amnesia』を開発した「Frictional Games」の作品。

『Amnesia』をSteamで購入したので、折角なら前作からやってみるか、という事でプレイしてます。

なお本作の日本語版は発売されていませんが、有志の方による日本語化が進んでいるので利用させて頂きました。いつもありがとうございます。

penumbra日本語化 @ ウィキ - トップページ

できるだけ「ヘッドフォン+部屋の電気を消してプレイしろ」との事なので、一応従ってやってます。

ちなみに管理人は超ビビリなので更新が止った時は諦めたと察して下さい。

以下多くネタバレを含みますのでご注意を。

※ 序盤SSを撮り忘れてるので文章のみで

なんか父親が失踪して、追いかけてくるなって言っておきながら、行き先を書いたノートが息子により発見され、息子が父親を探しに行くという超ありがちなストーリー。

その場所はグリーンランドの某所、主人公が船を下りる直前の船室から始まります。

船室ではライトやノートなど必需品を全て集めるとイベントで追い出されます。

上陸しブリザードに襲われていると、氷で固められている明らかに怪しい地下への扉を見つけ主人公は中に降りていきます。

地下の施設は基本的に位のでフラッシュライトかケミカルライトを使う必要があります。しかし前者はバッテリーの概念があり使いすぎるとなくなってしまうのでここぞという時に使うようにしています。

02.jpg
地下には地図があり、なんとなく構造がわかる
ここで使用しているのがケミカルライト


色々あったけどとりあえず「OFFICE」までつきました。

〜 ここまでSSなしのあらすじ 〜

03.jpg
どこまでプレイしたか覚えてないので引き出しも全てチェック

部屋の外に出ると狼らしき動物の遠吠えが…。ハンパなく怖いんですけど…。

04.jpg
見つからないように照明オフで移動中

「WORKSHOP」、「EXPLOSIVES」に向かおうとするも途中の扉に鍵がかかって入れなかったので、「STORAGE」に向かいます。

05.jpg
「STORAGE」エリアにある、「この下に何かありますよ」というメッセージ

箱の中の石を外に捨てると箱を動かせるので、箱をどけます。

06.jpg
案の定地下には謎のトンネルが。狼の遠吠えは聞こえなくなったが蜘蛛が動いているような音がする

暗いししゃがみだから走れないしホントに蜘蛛がでてきたらどうすれば良いか…。

というところで一旦長くなったので切ります。続きは…書けるかな…orz

今自分がプレイしているのは『Penumbra Overture』で、他にも『Penumbra Black Plague』、『Penumbra Requiem』もあるそうなんですが、日本語化できるのは多分『Penumbra Overture』だけだと思うので単品買いで良いかと思います。参考にSteamとGamersGateのリンクを貼っておきます。ガチで怖いのでホラー好きの方はどうぞ!

Steam
Steam で 50% オフ:Penumbra Overture(単体)
Steam で 50% オフ:Penumbra Black Plague Gold Edition(RequiemとBlack Plague)
Steam で 50% オフ:Penumbra Collector Pack(セット)

GamersGate
Penumbra: Overture - GamersGate(単品)
Penumbra: Requiem - GamersGate(単品)
Penumbra: Black Plague - GamersGate(単品)
Penumbra: Black Plague Gold Edition - GamersGate(RequiemとBlack Plague)
Penumbra Collection - GamersGate全部入り

↓おもしろかったら応援お願いします
にほんブログ村 ゲームブログへ 人気ブログランキングへ
posted by でんぱ at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | Penumbra | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/174755682
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。