2011年07月31日

レビュー:恐竜が走り回るトンデモFPS『Dino D-Day』

2011-07-31_00001.jpg


僕がしたかったのはこんなゲームじゃない!

日本時間 2011/08/01 〜02:00 までフリープレイ&半額セール中($4.99)の『Dino D-Day』のレビューです。

◆ 『Dino D-Day』ってどんなゲーム?
時を遡ること1942年代、世界は第二次世界大戦のまっただ中。連合軍に対抗する新兵器として、当時のドイツ軍が恐竜を復活させたというストーリーのFPS/TPS。

私も勘違いしていたのですが、シングルプレイはなく完全にマルチプレイ専用のゲームです。

連合軍、ドイツ軍ともに6クラス用意されており、連合軍は6クラス全て人間ですが、ドイツ軍側は人間が3クラス、恐竜が3クラスというかなりトンデモな設定になっています。

◆ でんぱ的総評
かなり挑戦的な作品ですが、荒削りすぎるバランスと、マルチプレイ専用にしてはひどすぎるネットコード(国内のサーバでもワープ多発など)で、まったくオススメできません。

何かひとつくらい良いところを挙げようと考えたのですが、浮かんできませんでした…。

今はフリープレイ中なので、国内海外問わず賑わっていますが、フリープレイ終わった後はどうなるかを考えると、$4.99でもためらうレベルです。(どうやら僕は$9.99で買っていたようです)

フリープレイのうちにプレイして、「いやー、ぶっ飛んだゲームだなー」と遊んで、週明けにアンインストールすれば良いと思います。

円高なので($4.99で400円弱)リストの肥やしにするには丁度良いかもしれません。

というわけでオススメ度は・・・
★★☆☆☆(通常価格だと★☆☆☆☆)
です!


◆ データ
タイトル: Dino D-Day
ジャンル: アクション
開発元: 800 North and Digital Ranch
販売元: 800 North and Digital Ranch
リリース日: 2011年4月9日
言語: English

メタスコア: 53/100
プレイ時間:1時間ほど

英語版を購入(Steam)
[Steam : Dino D-Day]

↓おもしろかったら応援お願いします
にほんブログ村 ゲームブログへ 人気ブログランキングへ
posted by でんぱ at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。