2011年10月23日

その他:ゲーマーでもできる? C4SAとPHPでfacebookアプリを作ってみる(2) 〜 facebook登録編 〜

facebook-like-buton.png


ゲーマーでもできる?facebookアプリの作り方第2回!

今回はfacebook側の登録作業を行います。作業は簡単ですが、アプリの開発者は携帯電話かクレジットカードが必要です。

■ facebookアプリ登録

ここから登録していきます。

https://developers.facebook.com/

Home - Facebook開発者_20111023074722.jpg

Get Started」を押すと超長い(しかも英語)のチュートリアルページに飛びます。
細かい説明はアプリを作りながら調べて行けば良いと思うので、さくっと次にいきます。

下の「Dev app」をクリックすると開発者用のアプリへの登録を求められます。

Tutorial - Facebook開発者_20111023074855.jpg

さくっと許可して次に行きます。

画面が遷移した後右上に「新しいアプリケーションを作成」というボタンがあるので、ここをクリックします。

Facebook開発者_20111023075001.jpg

確かここで携帯電話かクレジットカードの認証が必要だった気がします。うろ覚えです、すいません…。

無事に認証が終わればfacebookアプリ開発者の仲間入りです!
「App Display Name」はアプリケーションの名前になるのでイカしてる名前をつけちゃいましょう。
「App Namespace」はアプリのURLで「http://apps.facebook.com/○○○○」の○部分を指定できます。

指定しない場合は数字の羅列が入るので、特にこだわりがなければ名前を入力した方が後々便利です。しかしながら他の人と被った場合は登録できないのでご注意を。

Facebook開発者_20111023075150.jpg

ここで無事に入力が終わるとfacebook側の準備はほとんど終わりです。

次はどのようなアプリを作るかの設定をします。

まっくらでわかりにくいですが今回は↓のように、facebook上にアプリを作成します。

Facebookの猫ジャンプ!_20111023090346.jpg

なので「Facebook上のアプリ」を選択します。

基本設定 - Facebook開発者_20111023075229.jpg

選択すると「キャンバスURL」というアドレスの入力を求められます。
キャンバスとは↓の赤い線で囲った場所のことです。

Facebookの猫ジャンプ!_20111023090346.jpg

今回はC4SA上にアプリを構築しますので、第1回で作成したC4SAアプリのアドレスを入力します。ちなみにアドレスの最後は必ず「/」である必要があります。下のスクリーンショットのまま入力するとエラーになります。

基本設定 - Facebook開発者_20111023075435.jpg

ここまでのステップが終われば準備は完了です。キャンバスにC4SAで作成したページが表示されればOKです。

Facebookのでんぱの実験場_20111023075549.jpg

次からは本題のfacebookの色んな機能の使い方などをまとめます!

↓おもしろかったら応援お願いします
にほんブログ村 ゲームブログへ 人気ブログランキングへ

よくわかるPHPの教科書
たにぐち まこと
毎日コミュニケーションズ
売り上げランキング: 1465

posted by でんぱ at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | facebookアプリ開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。