2011年10月29日

その他:ゲーマーでもできる? C4SAとPHPでfacebookアプリを作ってみる(3) 〜 テストユーザの登録と SDK の取得 〜 [訂正]

facebook-like-buton.png


2011/10/30 13:48 訂正
× 必要なファイルは「base_facebook.php」と「facebook.php」
○ 必要なファイルは「base_facebook.php」と「facebook.php」と「fb_ca_chain_bundle.crt」でした…。

ゲーマーでもできる?facebookアプリの作り方第3回!

今回はテストユーザの作成と facebook SDK の取得を行います。意外と手間がかかってしまったので、記事を区切りました。

詳細は続きからどうぞ!

■ テストユーザの作成
実際にアプリケーションを開発すると、「ユーザのウォールに投稿したい!」とか「フレンドを招待したい!」とか色んな機能を実装したくなり、テストしまくることになると思います。

その時普通のアカウントでテストをすると、アプリケーションがSPAMと勘違いされてマークされたり、最悪BANされたりする可能性があるので、テストアカウントを作成した方が良いらしいです。

というわけで、下のページを参考にテストアカウントを作成します。

コーヒーサーバーは香炉である ≫ Facebook アプリつくろうぜ (その8 テストユーザを作らないとヤバいことになるかもよ)

アプリのPermissionsを許可した状態として作成することもできるよ! ここでoffline_accessを許可しておけば、最初からサーバサイドOAuthが完了した状態になります。

と書いてあるんですが、Permissionsについては別途説明するので、「&permissions=[生成時に必要なPermissionsをカンマ区切りで]」の部分はざくっと消して作っちゃって下さい。

今気づいたんですが公式にもちゃんと書いてありました…。

https://developers.facebook.com/docs/test_users/


■ facebook SDK のダウンロード
facebook のアレやコレやをいじるために、SDK を用意してくれているので早速ダウンロードします。

https://developers.facebook.com/docs/sdks/

111029facebookapp1.jpg

今のところ用意されている SDK は、JavaScript・PHP・iOS・Android の4種類。ちなみに SDK 使わない方法もあるので、Web ではそちらを紹介しているページもありますね。

必要なファイルは github に置いてあります。上のリンクから辿ることも可能ですが、面倒なので今回は直接リンクを貼ります。

https://github.com/facebook/php-sdk

アクセスしたら zip でまるっとダウンロードしましょう。

111029facebookapp2.jpg

必要なファイルは「base_facebook.php」と「facebook.php」と「fb_ca_chain_bundle.crt」の3つです。サンプルコードとかも参考になるので暇な時に目を通しておくと幸せになれるかも。

ダウンロードしたファイルを C4SA にアップロードします。場所はどこでも大丈夫だと思いますが、今回は雰囲気的に「lib」ディレクトリにします。

111029facebookapp3.jpg



これで facebook API を好きにたたける準備ができたはず…!
準備編が長くなってしまいましたが今度こそは facebook の機能を使った何らかのソースコードが公開できると思います、というか頑張ります…。

↓おもしろかったら応援お願いします
にほんブログ村 ゲームブログへ 人気ブログランキングへ

体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方 脆弱性が生まれる原理と対策の実践
徳丸 浩
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 1319


posted by でんぱ at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | facebookアプリ開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。